精神的問題から起こる心因性EDは、その原因となる問題は非常に多岐にわたってます。主には性交時を前提とした場合の緊張や不安感、過去の失敗によるトラウマ、自分に対する劣等感、性交時以外でのストレスやいらいら、潜在的に秘めている心の傷みなどにまとめられます。

 

心因性EDの場合は心が繊細な人ほどなりやすいと言われることがありますが、性行為にたいし自分のプライドに対して繊細ではない男性はほとんどいません。そのため心因性EDに関してはほぼ全ての男性があすにでもなっても不思議ではないのです。

 

性行為にいくら自信を持っている方であっても1回きりの失敗が大きなトラウマとなってしまうことがありますし、彼女の何気ない言動がプライドを傷つけられ男性としての自信を喪失してしまうこともありますので、「まさか自分が心因性EDになるわけがない!!」とはおもわないで下さいネ。心因性EDは性交時を前提とした場合の心配や緊張感からの発症がたんまりので、加齢やライフスタイル病からの発症が大口器質性EDに比べて20代、30代の青春人がわんさという特色があります。

 

若々しい人は経験不足によりちょっとしたことが心因性EDを生み出す原因となりますからね。